少子高齢化、地方の衰退で空き家が増える?!

 

「もう、実家(※田舎)に買えることはないだろうな」

 

東京など、都会に定住することを決心したはいいけれど・・・
以下のような、ことで悩んでいませんか?

 

  • 実家の両親がいなくなり、処分しようと思っている
  • いつか処分しよう・・・と思っていたけれど、結局空き家のまま
  • 試しに賃貸用に出したが、借り手が決まらず、処分に困っている

 

あなたは、実家(戸建・マンションなど)など、空き家で処分で困っているかもしれません。

 

  • 売却したらいくらかかるのか?
  • 具体的な処分の手続きは?
  • どれくらいの金額で売れるのか?

 

など、疑問がいろいろあるかもしれません。

 

また

 

  • 空き家でボヤ騒ぎがあった不安
  • 空き巣に入られたら、どうしよう
  • 固定資産税がバカにならない

 

といった、不安もあるかもしれません。

 

解決方法は簡単!不動産の一括査定サイト

 

不動産査定を応援する女性

 

不動産の売却・処分は一般的に、”不動産屋さん”に売買仲介依頼をします。

 

※不動産屋さんにあなたの実家の買主さん見つけてもらいます。

 

ですが、不動産屋さんは、空き家処分を得意とする業者さんから、賃貸メインの業者さんまで得意分野が異なります。

 

「近所にあるから、このお店にしようかな?」

 

と安易に決めがちですが、なかなか買主さんが見つからないケースがあります。

 

また、空き家を取り壊すかどうか?
譲渡所得税や控除などの問題はどうなのk?

 

より専門的な不動産業者でないと、後々面倒です。

 

そうした悩みを1分で解決する方法が一括査定サイトです。

 

不動産の一括査定なら60秒!

 

複数業者に60秒入力で一括査定依頼

 

完全無料

 

空き家の処分に強い業者さんが見つかりやすい!

 

相性の良い担当者も、一括査定!

 

ライバル同士競争してもらい、あなたにピッタリの”担当者さん”も見つけることができます。

 

買主探しを一緒に手伝ってくれるパートナーさんですから、複数比較しましょう♪

 

イエイ

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

 

【特徴】

 

  • スマホorPCで60状かんたん入力
  • 無料で利用できる
  • 1000社以上た厳選された最大6社
  • 悪徳業者を排除!
  • お断り連絡も代行もOK!

 

 

【公式】→https://sell.yeay.jp

 

 

空き家問題!空き屋増加の原因と起こりうるリスク

 

空き家

 

空き家問題は都心部でも起こり得ますが、地方部で起こることが顕著な問題で、高齢者の方が家に暮らしていたのに亡くなったり、
介護施設に入ったりして誰も住むことなく放置されている現状を言います。

 

近年は高齢化社会の進展と少子化の問題もあり、人口が減少している過程にあるため、今後も空き家問題が増加するとされています。

 

空き家問題の増加の原因としては、まず地方部の場合は若者が地元を離れて都市に移転してしまい、そこに両親が住んでいたのですが共に亡くなり、そのまま放置状態にあるパターンです。

 

しかも他にも賃貸や売却できず、また取り壊しも行えない状態のまま、そのまま放置しているケースが多いです。

 

さらに誰も身寄りもないまま、住んでいる人が亡くなってしまい、また生涯を独身で過ごされる方も多くなってきたため、
そういった点で誰にも管理されないまま放置状態となるのも原因となります。

 

空き家のリスクとしては、まず大きいのが雑草が生え放題になってしまい、悪臭など衛生環境悪化の問題が起きることです。

 

また地域の景観を悪くしてしまうことや不法侵入される恐れがあること、建物の倒壊の危険性もあり生命や身体にも危害が加わる恐れのあることとなります。

他にも土地の有効活用にも繋がらず、税収も見込めないため、自治体の財政の破たんにも繋がる可能性も存在します。

 

不動産一括査定のメリット・デメリット

 

住宅

 

不動産を査定してもらう場合、依頼する不動産屋によって、査定額もことなります。

 

そのため、少しでも多くの不動産会社に査定をしてもらうことが大切ですが、手間も時間もかかってしまいます。

 

不動産一括査定はそういった手間がいらないというのが一番のメリットとなります。

 

一回、不動産一括査定をすれば、一度に複数社の査定を受けることができ、その中から高く査定をしてくれるところに売却すればよいということになります。

 

業者はそれぞれ対象エリアが限られるため、対応していない地域や物件の査定を行うことができないため、

 

対応することができる業者の絞り込みもされるため、査定額を知る目的で使う場合にもメリットということができます。

 

さらに、無料で利用することができるということも大きなメリットです。

 

ただ、一見、デメリットがないように思える不動産一括査定ですが、デメリットも存在します。

 

まず、求める会社が登録されているとは限らないという点です。地域によって、業者が少ない地方では、査定依頼することができる候補が少ないか全くないこともあります。

 

次に、仲介業者が利益を得るためには、契約を結ばなければいけないため、あえて少し高めの設定を提示したりすることもあるという点です。

 

相続した空き家の売却:相続不動産の放置をするとどうなる?

 

被相続人の居住用住宅を相続しても、活用方法はおろか処分方法の検討もつかず、放置してしまう事がありますが、
相続した空き家を放置するとどうなるのでしょうか。

 

まず、一番の問題は次の相続が発生した場合に、権利関係が複雑になるという点です。

 

登記は権利関係を明確にするものですが、相続した不動産は登記期限がないため、相続登記されないケースがあります。

 

そうした状況で相続人が死亡すると、新たに遺産相続を行う必要があり、さらに権利関係が細分化されて手続きが煩雑になるほか、誰が正式な相続人が分からなくなってしまいます。

 

次に、空き家に異臭や倒壊といった問題が発生した場合の対処が必要となります。

 

例えば、相続人全員が相続放棄をした場合でも、次の相続人や相続財産管理人が現れるまでの間、放棄した相続人が不動産の管理を行わなければいけません。

 

そうしなければ、その不動産によって損害を受けた人を保護できないからです。

 

つまり、相続放棄をした人であっても一定の責任を負う事になるのだから、当然、正式に取得した人の責任はそれ以上に重くなります。

 

例えば、不審火による失火や台風による倒木、あるいはホームレスが鍵を壊して住み着いていたり、
動物の糞尿による異臭なども、所有者の責任が問われます。

 

もちろん、固定資産税の負担などの問題もありますので、余計な出費やリスクを抑えたいのであれば、放置するより解体した方が賢明です。

 

 

マイホーム購入時の不動産取得税とは?

 

マイホームを購入しようと思う方は多くお見えになることでしょう。

 

そんなマイホームですが、購入時には不動産取得税という税金がかかります。

 

この不動産取得税は土地や不動産を所有している方が対象となる固定資産税とは別の税金となり、
購入したときに一度だけ掛かる税金です。

 

マイホームを購入する時には、マイホームの費用と諸費用という費用が発生します。

 

例えばマイホームが3700万円の場合、諸費用は170万円程になる場合があります。

 

不動産取得税はこの諸費用の中に含まれています。通常、ハウスメーカーやハウスメーカーとの仲介販売を行う不動産会社が契約処理を行いますので、すべて購入先に任せておいて問題ないでしょう。

 

普通はあまりないでしょうが個人売買などの場合はこういった税金の支払いが漏れないように注意すべきです。

 

不動産取得税はマイホームを購入したとき以外にもかかる事がありますのでその場合も同様です。不動産を相続した場合が対象となります。

 

要は不動産の権利を他者へ移動したときに発生するということになるのです。マイホームの購入には他にもいろいろと費用が掛かってきます。

 

少しでも費用を圧縮できるよう、購入時には値引き交渉を行いましょう。

 

自宅を売る or 貸す※どっちがいい?

 

自己保有の住宅を、人に貸す事によりどのようなメリットが発生するのかを考えます。住宅を借りる人は、いかに良い物件を借りて快適に生活が出来るかを考えておりますので、居住する場所・部屋割り・近所の店舗構成を考慮した上で検討する訳ですが、アパートの需要と一戸建ての貸家での需要が一定量あり、その需要に応えられる物件であれば多少古くても借りて頂けるかと思います。借りて頂ける事により、自身がサラリーマンで副業が禁止されていても不労所得として認定される為に公務員の方でも不動産賃貸業をある程度の収入までは行えます。また、貸し出すことにより固定資産税や修繕費などが確定申告により経費として認められるため、借り手の多いエリアにおいては不動産管理会社に委託手数料を支払えば一定額の収入が確保されるメリットがあります。ただし、住宅ローンを残したままに貸し出す事は、空き室の際に収入が減るため、支払いが追い付かなくなってしまうというデメリットも発生します。貸し出す際には、不動産管理会社を経由すると家賃滞納にも対応して頂けますし、定期的に外観などの報告が頂ける事・修繕に関する居住者との交渉及び連絡も行って頂ける点においては、個人で貸し出すよりもリスクが軽減されると思われます。自宅を売る際には、売地の看板を出され近所の方に色々な思惑を持たれる事より、どっちかと言えば貸家で収入を得た方がメリットが大きいかと考えます。

 

 

不動産売却の専属専任媒介(専任媒介)一般媒介の違い

 

不動産売却の際に重要なポイントが、買主を探したり、重要事項を説明するなど、不動産を売却するための営業活動をしてもらう不動産業者を選ぶ事です。こうした不動産業者との契約方法には、専属専任媒介と一般媒介がありますが、これらの契約内容は多く異なります。

 

専属専任媒介は、不動産業者にその不動産売却について全てお任せする方法を言い、契約できる不動産業者は一社のみとなります。この方法では、不動産業者は独占的に営業活動を行う事ができるため、他の不動産業者に物件を取られる心配がなく、積極的に営業活動が期待できるというメリットがあります。なお、専任媒介は専属専任媒介より条件が緩く、一般媒介と同じように売主が自ら買主を探す事ができたり、営業活動の報告義務が少ない契約を言います。一方、一般媒介は複数の不動産業者に不動産売却を依頼する方法を言います。多くの不動産業者で物件情報を共有するため、買主が見つけやすいメリットがありますが、他の不動産業者に物件を取られて営業活動が無駄になる事を避ける為に、熱心に営業活動をしないケースもあります。

 

つまり、両者の違いは、契約できる不動産業者の数と売主が買主を探せるかどうか、そして不動産業者がどれだけ熱心に営業活動をしてくれるかという事になります。

 

 

 

 

 

【関連サイト】

 

家を高く売るためのサイト